メインメニュー
関連リンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  ●演奏者を知ろう  >  デュ・プレ

本項目は、現在作成途中です。

Table of contents

デュ・プレ

没してから20年。しかしいまだにジャクリーヌ・デュ・プレは、敬愛すべきチェリストとして人々の記憶に焼きつく存在だ。
  • 若くして、圧倒的なテクニックとエネルギッシュな演奏で世間に衝撃を与え、「エルガーのチェロ協奏曲といえばデュ・プレ」と認知されるほど、数多くの名演を残した。
  • 巨匠、ロストロポーヴィチ、ポール・トルトゥリエにも学び、ピアニスト、指揮者として活躍していたダニエル・バレンボイムとの結婚。
  • 数多くの名演奏家との共演。着々とキャリアを積み上げ、順風満帆だった彼女の奏者としての道を遮ったのは、難病「多発性硬化症」だった。
  • 羽根をもぎとられた鳥のように、チェロを奪われた彼女はその後、病と戦いながら、42歳という若さでこの世を去る。
  • 実質12年間の演奏生活は、悲劇的な顛末とあいまって一層輝きを増し、「伝説のチェリスト」として歴史に刻み込まれた。

「デュ・プレは彼女にしか弾けない演奏をするチェリスト。特にエルガーのチェロ協奏曲は、彼女特有の歌い回しで圧倒的な存在が分かる演奏だと思います。神様が、英国人の作曲家であるエルガーの曲を弾くために仕わされた使者だったのではないか、と思うほどです」

唐津健

「デュ・プレの魅力を一言でいえば、彼女の音楽がまさに本能的なものであること」

藤原真理

「(エルガーの協奏曲の最初の録音について)まだ20歳ごろの録音ですが、その若さにもかかわらず、曲への理解、深い感受性こそが、彼女の才能の素晴らしさだと思います。」

山崎伸子

プリンタ用画面
友達に伝える
前
音で聴ける巨匠達
カテゴリートップ
●演奏者を知ろう

[ HOME ] [ NEWS ] [ Magazine ] [ VOICE ] [ LINK ] [ BLOG ]