本項目は、現在作成途中です。

Table of contents

夜の練習は

夜の練習を気兼ねなく行うには、究極には防音室など空間を手に入れるしかない、という元も子もない結論に達しがちだが、工夫で解決できることもある。
  1. まずは、円滑なご近所付き合いをすること。引越当初、近所に挨拶をきちんと行って「○時ころまでは、楽器を弾くことがありますが、何か気になることがあれば、教えてください」という一言で、音を被る方の印象はかなり違うはずだ。
  2. その上で、対策グッズとして、消音器などが登場する。また、組立式の防音室なども最近はラインナップがそろっているのでチェックしてみよう。