メインメニュー
関連リンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  2020年  >  2020年12月号【vol.97】(2020年11月2日発行)
2020年12月号【vol.97】(2020年11月2日発行)
サラサーテvol.97表紙
●表紙&Artist Close-up 新倉瞳(チェリスト)
 今号は2021年にデビュー15周年を迎える新倉瞳にスポットを当てます。
 桐朋学園大学音楽学部在学中にCDデビュー。その抜群のルックスでアイドル的な人気チェリストとなりました。
 しかしルックスがもてはやされることや、目立ったコンクール受賞歴がないことが、逆に本人にとってのコンプレックスでもありました。
 それでもさまざまな葛藤に苦しみながら活動を継続。サードアルバムの発売、CMキャラクターへの抜擢などがあって演奏活動も軌道に乗っていた24歳の時、遂に留学を決意。スイスのバーゼル音楽院ソリストコースと教職課程に修士入学します。J・S・バッハも現代音楽も区別なく演奏するチェリストの師のもと、クレズマー(東欧系ユダヤ音楽がルーツの音楽ジャンル)に出会い、バロックチェロの勉強も開始。さらにポルトガルの国際コンクールで第1位を獲得し、カメラータ・チューリヒのソロ首席チェリストのオファーも得ました。
 スイスと日本の両方を拠点に活動し、コンサート用ドレスのプロデュースも開始。2020年、コロナ禍の中、新たな局面を迎える新倉にじっくり聞きました。

●特集 チェロが呼んでいる
 毎年恒例、大人気の本誌チェロ特集です。内容充実!
 プロオーケストラのチェロセクション紹介は今回は、東京シティ・フィル。
 若手実力派弦楽器製作者による「チェロを作る」は、大きなチェロを何か月もかけて製作するシーンを画像たっぷりでクレモナからお届けします。
 世界的チェリスト堤剛がJ・S・バッハの無伴奏チェロ組曲第3番の指南に登場。自身のバッハとのかかわりも語り、詳細なレッスンを展開します。ラスベガスを拠点に活躍中のMarikoは、同第1番とヴィヴァルディを組み合わせたオリジナル曲で「バッハをカッコよく弾く!」。黒川実咲がピアソラ:《リベルタンゴ》の演奏法を語り、西牧牧人がフォーレ:《エレジー》を誌上レッスンします。他にもアマチュアチェリストを訪問、その熱いチェロ生活を語っていただきました。
 [特別企画]チェリストに大人気【ラーセンの新・チェロ弦】を新情報満載でお届け。

 「フレンチ・ボウの名工」の今回は、フランソワ・二コラ・ヴォワランです。
 他にも、好評連載の数々、また海外から「ザルツブルク音楽祭100周年」のレポートや、国内音楽祭のレポートなど情報満載です。

★★『サラサーテ』97号、ぜひ、書店・楽器楽譜店でご覧ください★★
☆Amazonでの購入は[コチラ]から
プリンタ用画面
友達に伝える
カテゴリートップ
2020年
次
増刊号(2020年10月5日発行)

[ HOME ] [ NEWS ] [ Magazine ] [ VOICE ] [ LINK ] [ BLOG ]