2021年4月号【vol.99】(2021年3月2日発行)
サラサーテvol.93表紙
●表紙&Artist Close-up 小林研一郎(指揮者)
 今号は2020年に80歳(傘寿)を迎えた、現役最長老の指揮者のひとり、小林研一郎にスポットを当てます。
 4月から、80歳記念公演と冠をうたれた「チャイコフスキー 交響曲全曲チクルス」がスタート。8月までの全5公演で、《マンフレッド》を含む全交響曲はもちろん、ピアノ協奏曲第1番、ヴァイオリン協奏曲、弦楽セレナーデ、序曲《1812年》なども演奏。長年シェフを務め、今も桂冠名誉指揮者として絆の強い日本フィルハーモニー交響楽団と共に挑むプロジェクトです。
 本来は小林80歳の2020年に企画されていたものですが、折からの新型コロナ感染拡大の最初の緊急事態宣言の発出での延期・再出発公演となります。そのコロナの自粛期間に改めてチャイコフスキーと向き合ってきた小林。そのコンサート初日を待つ決意や、80年の来し方行く末。また作曲家を目指して東京藝大に入るも、〈前衛音楽〉になじめず指揮者を志した経緯、日本やハンガリー、東欧のさまざまなオーケストラとの関係、今は亡き偉大な師匠たちの思い出などを熱く語ります。

●特集 ウジェーヌ・イザイ
 1858年ベルギーのリエージュで生まれたウジェーヌ・イザイ。
 ヴァイオリンのヴィルトゥオーゾであり、ソリスト、イザイ弦楽四重奏団の奏者、当時の名門オーケストラのコンサートマスターとしても活躍。また作曲家・教育者としても実績を残した彼をさまざまな角度から読み解く。
 特に”作曲家”イザイの中核を占める「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ」全6曲について注目。各演奏家の想いや解釈、演奏法、勉強法などを聞いた。
 千住真理子/米元響子/堀米ゆず子の詳細な分析と想い。また全6曲の魅力を1曲ずつ語る:毛利文香、山根一仁、瀬明日香、松田理奈、西本幸弘、鍵富弦太郎、他にも「生涯」「作品リスト」も掲載。そして彼が息子のために書いた小品《子供の夢》の誌上レッスンを吉田恭子にお願いした。【巻末楽譜あり】

●[特別企画]ヴァイオリン教則本を知る
 そもそも「教則本とは何か」:勅使河原真実
日本を代表する教則本3種類、『新しいヴァイオリン教本』『鈴木鎮一ヴァイオリン指導曲集』を中川歌子、『篠崎バイオリン教本』を森元志乃が解説。

●フレンチ・ボウの名工:20世紀最高の名弓のひとつ、ユージン・ニコラ・サルトリー(1871〜1946)

●アーティスト、コンサートレポート、記事、連載 多数

★★『サラサーテ』2021年4月号(Vol.99)、是非、書店・楽器楽譜店でご覧ください。
Amazon.でも予約できます★★