メインメニュー
関連リンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  2015年  >  vol.68(2015年12月29日発売)
  • 表紙が変わったんですね。三浦文彰さん、素敵です。(北海道・女性・ヴァイオリン25年)
    ♪68号より本誌の表紙が「人」となりました。合わせて「表紙の人」もお楽しみください。
  • Artist Close-upの幣隆太朗さんのインタビューが良かった! 小菅優さんとのCDも聴いてみたいし、コンサートにも行ってみたいです。(東京都・女性・ヴァイオリン5年)
  • Artist Interviewの新倉瞳さんに注目しています。最新のCD、素晴らしかった。(長野県・男性・ヴァイオリン25年)
  • 新倉瞳さんのインタビューを読んで、これまでいろいろと苦労されてきたことを知りました。これからも、若手の演奏家をたくさん取り上げてほしいです。(神奈川県・女性・ピアノ4年)
  • TSUKEMENが良かったです。年に70回もライブをやっているんですね。スゴイ。(宮城県・女性・ヴァイオリン4年)
    ♪若手ながら実力派のアーティストの方々をご紹介させていただきました。たくさんの魅力を持っている方々ばかり。これからもどんどんご紹介していきますよ。
  • アルシェの松脂と試奏レポート、色々と参考になりました。たくさんのこだわりが詰まった商品なんですね。いつかは使ってみたいです。(東京都・男性・チェロ10年)
  • 特別企画「ヤーガーの弦」に興味を持ちました。弦によっての違いには関心がありますが、いろいろな弦を試すことはなかなかできないので、特集の内容を参考に次の弦を選んで楽しみたいです。(長野県・男性・ヴァイオリン10年)
  • 特集「ウィーン・フィルの伝統と未来」が興味深かったです。ウィーン・フィル往年の名手バリリ氏の姿に驚嘆。更に長生きしてほしい!(神奈川県・女性・ヴィオラ32年)
  • いつかクレモナに行ってみたいと思っているので「弦楽器製作家の街〜クレモナレポート・2〜」は、興味深かったです。今後またクレモナを取り上げることがありましたら、もっと詳しい地図、伝統的な料理、音楽と縁のあるレストランなどを紹介してほしいです。(大阪府・女性・チェロ3年)
  • Artist Interview、弦楽器製作家 松田鉄夫さんのインタビュー記事が印象的でした。毎号多彩な内容で楽しんで読んでいます。(千葉県・男性・チェロ10年)
  • 「弦楽器製作家の街〜クレモナレポート・2〜」を読んで、たくさんの日本人製作家が活躍しているのを知りました。一度、彼らの作品を手にしてみたいです。(大阪府・男性・ヴァイオリン18年)
  • ヴァイオリンづくりに興味があるので、クレモナの記事が大変良かったです。また取り上げてほしいです。(三重県・男性・ヴァイオリン10年)
  • 集中連載「モダンイタリーの逸品」のファニオラの記事が興味深かったです。お店の特集を定期的に載せてほしいです。(東京都・男性・ヴァイオリン6年)
  • 集中連載「モダンイタリーの逸品」を毎号楽しみにしています。(新潟県・女性・ヴァイオリン6年)
    ♪クレモナとは10年以上の付き合いですが、ようやく詳しくご紹介できました。これからも旬なクレモナ情報を届けていきたいと思います。
  • 第11回シベリウス国際ヴァイオリンコンクール、とても良かったです。審査員の方の貴重なお話や、コンテスタントの感想など、日本にいるとなかなか聞くことができないので。これからもコンクールレポートを楽しみにしています。(新潟県・女性・ヴァイオリン6年)
  • 第11回シベリウス国際ヴァイオリンコンクールはLIVEで見て注目していたので興味深く読みました。(東京都・女性・ヴァイオリン15年、ピアノ4年)
    ♪夏に続いて冬のヘルシンキでした。 シベリウス150周年の最終イベントとしてもすばらしいコンクール。ご報告できて幸いでした。
  • 「低音ジャーナル」、「グスタフのBASSモノCDぶらり旅」、「岡本哲史のコントラバス弾き紐育通信」……楽しいです。またコントラバス特集を!!(東京都・男性・コントラバス3年)
  • 「志村寿一の体と音楽の調和」が良かったです。基音と倍音とのバランスに注意して練習したいと思います。(埼玉県・男性・ヴァイオリン10年)
  • 「ヴィオラのオーケストラスタディ」、毎回勉強になります。オーケストラで弾いている曲が当たると嬉しいです。上手く弾けるようになりたいです。(千葉県・女性・ヴィオラ3年)
  • 弦楽器全般に関してバランス良く記事が書かれているので、毎号楽しく拝読しています。左手の指を速く動かすコツを取り上げてほしいです。(北海道・男性・ヴァイオリン20年・ピアノ20年)
    ♪楽器ごと、また技術の記事は当初から力を入れているものです。豪華講師陣の犧瓩読めるのも楽しんでいただければと思います。
  • いつかは巻末の楽譜が自由に弾けるようになるのでは!と習い始めて10年以上。なかなか弾けるようにはなりませんが、老化と付き合いながら練習を続けようと思います。サラサーテはvol.1から揃っています。(三重県・男性・ヴァイオリン10年)
  • 《ゲゲゲの鬼太郎》と《トリプティーク》の楽譜が良かったです。弦楽器演奏で苦労している所は、移弦とハイポジションでのヴィブラートです。(沖縄県・男性・ヴァイオリン5年、ヴィオラ3年、ピアノ21年)
  • モンティの《チャールダーシュ》やクライスラーの《美しきロスマリン》など、有名なヴァイオリン曲の弾き方を特集してほしいです。(岐阜県・男性・ヴァイオリン61年、ピアノ53年、ギター50年、ウクレレ13年)
    ♪毎回、選曲には苦労しています。ご感想をいただき、また実際に集まりやお教室、宴会などで演奏していただけると何よりも嬉しいです。今号も、たくさんのお便り、ありがとうございました。次号もお楽しみに!
プリンタ用画面
友達に伝える
カテゴリートップ
2015年
次
vol.67(2015年11月2日発売)

[ HOME ] [ NEWS ] [ Magazine ] [ VOICE ] [ LINK ] [ BLOG ]