2022年4月号【vol.105】(2022年3月2日発行)

  • 応援しているヴィオリスト、田原綾子さんが表紙でびっくり! 優しい笑顔に出会えてうれしくなりました。(神奈川県・女性)
  • 田原綾子さんの表紙、アーティスト・クローズアップのお写真がすてきでした。ヴィオラはオーケストラで少し弾く程度なのですが、田原のようにソロで弾けるようになりたいです。(東京都・女性・ヴァイオリン13年、ヴィオラ2年)
  • アーティスト・クローズアップが良かったです。さまざまなコンサートで田原綾子さんの演奏を聴いているので、これまでの経歴などを知ることができて良かったです。応援しています。
    (東京都・男性・ヴァイオリン5年)
♪田原綾子さんの表紙とアーティスト・クローズアップについてたくさんのお便りをいただき、ありがとうございました! 今号の連載もぜひお読みください。
  • 特集「ピアノと弾こう!」が良かったです。現在ピアノと合奏をしており、合わせ方に苦慮しておりました。私にとってタイムリーなテーマでした。(北海道・男性・ヴァイオリン10年)
  • 「ピアノと弾こう!」はアンサンブルを楽しむポイントがわかりやすかったです。ピアノと合わせるのは結構大変。特集を参考にします。(広島県・男性・ヴァイオリン16年)
  • 特集「ピアノと弾こう!」が参考になりました。発表会では事前の合わせがなく爐屬辰弔泳榿岫瓠テンポが合わないと焦ってしまうので、2月号の特集「舞台で爐△らない瓩燭瓩法廚閥Δ砲靴辰り勉強したいと思いました。(埼玉県・男性・ヴァイオリン17年、チェロ4年)
♪特集「舞台で爐△らない瓩燭瓩法廚畔擦擦道温佑法発表会などに活かしていただければと思います。
  • アーティスト・インタビューで会田莉凡さんが地元北海道のオーケストラのコンサートマスターに就任されると知り、とてもうれしいです。また札幌交響楽団の話題を取り上げてください。(北海道・男性・ヴァイオリン・4年)
  • 堀米ゆず子さんのインタビュー記事が読み応えがありました。仙台国際音楽コンクール、楽しみにしています。(山形県・女性・ヴァイオリン8年)
  • 小幡谷英一さんの短期連載「木の話」は興味のある話題で読み応えがありました。最終回とのこと、残念です。またぜひこのような連載をお願いします。(神奈川県・男性・ヴィオラ35年)
  • 堀酉基さんの「奏者のためのヴァイオリン鑑定入門」を毎号楽しみにしています。少しヴァイオリン通になれたような気がしています。(埼玉県・男性・ヴァイオリン2年)
  • 柏木真樹さんの「ヴァイオリン習得術革命」は毎号新しい発見があり楽しみにしています。(東京都・男性・ヴァイオリン5年、チェロ3年)
  • 森元志乃さんの連載、「基礎リターンズ」の新シリーズが始まりうれしいです。エチュードの系譜は眺めているだけでも楽しい!(埼玉県・女性・ヴァイオリン9年)
  • 白瀬ゆりさんの連載「こどものおけいこ」で弓の運動がいろいろ取り上げられており、興味深かったです。子どもだけではなく大人にも良いと思いました。身体の使い方を考えるきっかけになりました。(愛知県・女性・ヴァイオリン3年)
♪「こどものおけいこ」は、お子さんだけではなく、大人の方々にも活用していただけているようで良かったです。質問などやリクエストなどがありましたらぜひ編集部までお寄せください。
  • カフェド室内楽の大友肇さん(クァルテット・エクセルシオ)のインタビュー記事が良かったです。バッハの作品の取り組み方が興味深かったです。(千葉県・男性・チェロ10年)
  • 巻末楽譜、「鎌倉殿の13人(メインテーマ)」も「カムカムエヴリバディ」も、それから「証城寺の狸囃子」も、どれも好みで楽しめました。(長野県・男性・ヴァイオリン15年)
♪今号も、たくさんのお便り、ありがとうございました。次号もお楽しみに!