メインメニュー
関連リンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  2023年  >  2023年4月号【vol.111】(2023年3月2日発行)

2023年4月号【vol.111】(2023年3月2日発行)

  • 睫斫曄校劼気鵑離◆璽謄スト・クローズアップは読み応えもあり、写真も美しく良かったです。(千葉県・男性・ヴァイオリン18年)
  • 弦楽器は弾かないのですが、睫斫曄校劼気鵑離侫.鵑覆里嚢愼しました。インタビューがたっぷり掲載されていて驚きました。(栃木県・女性)
  • YouTubeEditで睫斫曄校劼気鵑留藾佞鯆阿い謄侫.鵑砲覆蠅泙靴拭すてきな表紙でした!(群馬県・男性)
♪弦楽器を弾かない方からもたくさんのお便りをいただきました。ありがとうございました。本誌には「ヴァイオリンを始めよう!」(せきれい社・刊)という増刊号があります。ぜひ演奏にも挑戦してみてください。
  • 弦楽器製作に興味があるため、「クレモナのコンテンポラリー製作家」の記事を毎号楽しみにしています。最近はヴァイオリンを作ってみたい、と思うようになりました。(東京都・男性・ヴァイオリン10年)
  • ヴァイオリンを購入したいと考えていたので、新学期企画「初めてヴァイオリンを購入する!」が参考になりました。(神奈川県・男性・ヴィオラ35年)
  • 新学期企画「初めてヴァイオリンを購入する!」の三ツ木摩理さんによるアドバイスが良かったです。今、レンタルのヴァイオリンを弾いているので、いつか購入する時の参考にと思い購読しました。(愛知県・女性・ヴァイオリン1年)
  • ヴィブラートは音楽の表現にはなくてはならないものだと思います。特集「ヴィブラートの表現力」はどの記事もとても参考になりました。(長野県・男性・ヴァイオリン17年)
  • ヴィブラートの特集が良かったです。音の色づけを工夫したいと思う購読しました。参考にします。(北海道・男性・ヴァイオリン60年、ヴィオラ6年)
  • 新倉瞳さんの「《白鳥》で語る表現とヴィブラートの加減」は、曲の読み解き方がとても勉強になりました。(北海道・女性・チェロ30年、ピアノ10年)
  • 新倉瞳さんの《白鳥》を用いた解説は、どこでヴィブラートをかけるのか、とても参考になりました。(埼玉県・男性・ヴァイオリン16年、チェロ5年)
  • 特集が良かったです。ヴィブラートはまだかけたことがないのですが、今後参考になりそうです。(岡山県・女性・チェロ2年)
  • 篠原英和さんの「ヴィブラートをかけるときの身体の使い方」がとても参考になりました。(千葉県・男性・ヴァイオリン5年)
  • 今、ヴィブラートに取り組んでいるので、岡本誠司さんのヴィブラートの記事が参考になりました。(大阪府・女性・ヴァイオリン8年、ピアノ10年)
  • ヴィブラートの特集はチェロの記事もあり読み応えがありました。ヴィブラートをここまで深く考えたことはありませんでした。(青森県・男性・チェロ25年、ピアノ30年)
♪特集「ヴィブラートを極める」については初心者から上級者まで幅広い方々から反響がありました。質問やリクエストなどがありましたら、編集部までお寄せください。
  • 柏木真樹さんの「ヴァイオリン習得術革命」は身体の仕組みがよく理解できます。(東京都・男性・ヴァイオリン6年)
  • 長原幸太さんのオーケストラスタディはちょうどこれから取り組む曲だったのでありがたかったです。(東京都・男性・ヴァイオリン20年)
  • 森元志乃さんの「ヴァイオリン基礎テクニック リターンズ!」の移弦の話が良かったです。(岐阜県・女性・ヴァイオリン5年)
  • 「こどものおけいこ」を読み、譜面と音程の関係を改めて確認しておきたい、と思いました。(滋賀県・男性・ヴァイオリン13年、ヴィオラ11年、コントラバス3年)
  • 黒川正三さんの連載「チェリスト基礎講座」は動画解説が連動されており、大変参考になりました。(千葉県・男性・チェロ10年)
  • 宮田大さんの「チェロ・ソナタ 聴かせどころ・聴きどころ」を毎号楽しみにしています。以前よりも音色をイメージできるようになりました。(京都府・女性・チェロ20年、ピアノ30年)
  • ヴァイオリンを始めてまだ3年ですが、最近やっとヴァイオリンらしい曲が弾けるようになり、楽しくなってきました。これからも初級者から中級者向けの記事を期待しています。(愛知県・女性・ヴァイオリン3年、ピアノ10年)
  • 巻末の楽譜をいつも楽しみにしています。高齢者施設や保育園などでのボランティア演奏に活用しているため、これからも、幅広い世代に馴染みのある、わかりやすい曲を掲載してほしいです。(東京都・女性・ヴァイオリン20年)
♪今号もたくさんのお便り、ありがとうございました。次号もお楽しみに!
プリンタ用画面
友達に伝える
カテゴリートップ
2023年
次
2023年2月号【vol.110】(2023年1月4日発行)

[ HOME ] [ NEWS ] [ Magazine ] [ VOICE ] [ LINK ] [ BLOG ]