メインメニュー
関連リンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  ●上達は……  >  ポジション移動

本項目は、現在作成途中です。

Table of contents

ポジション移動

  • ポジション移動でお悩みの方は多いのではないだろうか。音程が定まらない、音が滑らかにつながらない、リズムが乱れる、など、ポジションを変えるだけで様々な副作用が現れてくるのだ。
  • しかし、このポジション移動がうまくいけば使える音域が広がり、表現も格段に豊かになってくるのだ。
  • 例えばグリッサンド。うまく使えばとても魅力ある音楽になるのだが、これはまさにポジション移動そのものだ。滑らかにできる秘訣をぜひ習得したいものだ。
  • ポジション移動の悩みとは、実は楽器を構える姿勢であり、手や指の形であり、それらの脱力の問題なのである。
  • 一つの問題を解決すると、いろいろなことがクリアになってくる。楽器の演奏技術とは様々な要素が結びついているのである。
  • その一つひとつを一度分解して考え、そして総合してみるとわかりやすいのではないだろうか。仕組みを理解するだけで上達の度合いも増してくる。

Vol.33

47 PART1 ヴァイオリン 講師・篠崎功子

50 PART2 ヴィオラ 講師・川本嘉子

52 PART3 チェロ 講師・毛利伯郎

55 PRAT4 コントラバス 講師・永島義男

58 ポジション移動Q&A ヴァイオリン編

60 ポジション移動Q&A ヴィオラ編

62 ポジション移動Q&A チェロ編

64 ポジション移動Q&A コントラバス編

プリンタ用画面
友達に伝える
前
ボウイング
カテゴリートップ
●上達は……

[ HOME ] [ NEWS ] [ Magazine ] [ VOICE ] [ LINK ] [ BLOG ]