メインメニュー
関連リンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  2020年  >  2020年8月号【vol.95】(2020年7月2日発行)
2020年8月号【vol.95】(2020年7月2日発行)
サラサーテvol.95表紙
●表紙&Close-up ストラディヴァリウス・コンサート2020
 今号は、アーティストではなく楽器とコンサートにスポットを当てます。
 1974年に「日本音楽財団」は「日本国内の音楽文化の振興と普及に寄与すること」を目的に設立されました。創立20周年の1994年からは弦楽器名器の貸与事業を行っています。毎年貸与を受けた演奏家がコンサートを行っています。
 2020年9月6日福岡、8日大阪、10日東京で開催予定の「ストラディヴァリウス・コンサート 2020」は、延べ15本ものストラディヴァリウスの貸与者15名が集う、数年ぶりに行われる大規模な公演です。
 本誌では、このコンサートに登場するストラディヴァリウスに焦点を当てて、オールカラーで楽器の写真を掲載するとともに、コンサートプログラム、その聴きどころも紹介。
 また1714年製ヴァイオリン「ドルフィン」を貸与されている諏訪内晶子、1722年製ヴァイオリン「ジュピター」を貸与されている五嶋龍に話を聞きました。

●特集 巣ごもりハンドブック
 「withコロナ」の新しい生活に挑む中、巣ごもりの自粛生活を余儀なくされたこの期間、音楽家や音楽教師たちがどんな演奏活動や教育活動をしたか? そしてその場合に自宅でどのようにに練習すればいいのか? をノウハウと共に掲載。第2波の懸念も冷めない今、巣ごもり音楽生活へのヒント・提案を特集します。
 普段からネットを使って世界中とコンタクトを取りながら仕事をしている立奏チェリストのMarikoがラスベカス(USA)から。チェリスト/編曲家の小林幸太郎。スタジオ化した自宅からの「配信入門」。新進ヴァイオリニストの「睫暈ァ校劵船礇鵐優襦廖6明邱遒提案する愛器チェロの「お手入れ講座」。
 その他、本誌おなじみの執筆陣より:森元志乃の「ステイホームwithヴァイオリン」、「上手なオンラインレッスンの受け方」基礎編を柏木真樹、子ども編を白瀬ゆり。楽器の構え方を見直し身体を調整しようというのは志村寿一の「メッサ・ディ・ヴォーチェ」。欠かせない「防音」のノウハウを、アマチュアチェリストで一級建築士の田中渚が語る。

●特別企画 エレクトリックヴァイオリンを楽しむ
 5万円から11万円という値段も手ごろなエレクトリックヴァイオリンを6本と、その使い方ノウハウ、機材なども含めた入門編。

●フレンチ・ボウの名工「2」 ドミニク・ペカット

●アーティストインタビューはロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のヴィオラ奏者・波木井賢、神奈川フィルハーモニー管弦楽団ソロコンサートマスター/ウェールズ弦楽四重奏団の谷直人。ヴィオラアンサンブル集団SDA48のデビューCDについて須田祥子&飯田香

●クレモナレポート 2020春
 図らずもコロナ最前線となってしまったイタリア。中でも感染者が多く医療崩壊の危機にさらされたロンバルディア州クレモナは弦楽器奏者にとって親しい街。その街に住む日本人たちによる2月〜5月の生のレポートを掲載。

●他、情報・連載・記事満載。近日web更新予定。

★★『サラサーテ』95号、ぜひ、書店・楽器楽譜店でご覧ください★★
★★Amazonでのご購入は、コチラから。★★
プリンタ用画面
友達に伝える
カテゴリートップ
2020年
次
2020年6月号【vol.94】(2020年5月2日発行)

[ HOME ] [ NEWS ] [ Magazine ] [ VOICE ] [ LINK ] [ BLOG ]