メインメニュー
関連リンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  2022年  >  2022年10月号【vol.108】(2022年9月2日発行)

2022年10月号【vol.108】(2022年9月2日発行)

  • 表紙もアーティスト・クローズアップもすてきでした!(神奈川県・女性・ヴァイオリン3年、ピアノ5年)
  • 大好きなsourcesが表紙を飾り、うれしかったです。ぜひまた取り上げてください。(埼玉県・女性・ヴァイオリン12年、ピアノ11年)
  • アーティスト・クローズアップではこれまで知らなかった話題があって、sourcesの魅力を再発見できました。コロナ禍で『サラサーテ』に出会い、いろいろな方のインタビューや連載からヴァイオリンのことを学ぶことができました。(千葉県・女性・ヴァイオリン6年)
  • sourcesのファンです。6ページにわたるインタビュー記事! すてきな記事に感動しました。(神奈川県・女性・ヴァイオリン9年)
♪長年のファンの方々のみならず、初めてsourcesを知った読者の方々からも反響があり、たくさんの感想をいただきました。ありがとうございました! 
  • 「クレモナのコンテンポラリー製作家」の連載が好きです。他の国の楽器のことも知りたいと思うようになってきました。(東京都・女性・ヴァイオリン2年)
  • 宮本笑里さんのインタビュー記事が良かったです。なかなか演奏会に行くことができないのですが、近況やCDリリースの背景をしることができました。(滋賀県・男性・ヴァイオリン10年、ヴィオラ10年、コントラバス5年)
  • 第22回別府アルゲリッチ音楽祭の記事が良かったです。聴きに行ってみたいと思いました。(東京都・男性・チェロ20年)
  • エリザベートコンクールの各入賞者の演奏レポートが具体的にわかりやすく書かれていて、興味深く拝読しました。(兵庫県・男性・チェロ47年、コントラバス3年、ピアノ50年)
  • エリザベート王妃国際コンクール、仙台国際音楽コンクール、東京国際ヴィオラコンクールと3つのコンクールの記事を読みました。オンラインで聴いたのですが、会場でその雰囲気も味わってみたいと思いました。(
♪コンクールや音楽祭が再開され、明るい話題の多い号でした。ぜひ次の機会に会場に脚を運んでみてください。
  • 特集「指遣いのテクニック」が良かったです。自分で指遣いを決めることができないので、参考になりました。(茨城県・女性。ヴァイオリン30年)
  • いつも多彩な内容で楽しんでいます。指遣い特集は桑田歩さんの「新しい指遣い」が良かったです。挑戦してみたいと思います。(千葉県/男性・チェロ10年)
  • 指遣いについての特集は、想像していたありきたりな内容ではなく、これまであまり考えたことのなかった切り口の記事があり、読み応えがありました。プロの方々はいろんなことを考えているのだなぁと思いました。(千葉県・女性・チェロ6年)
♪初心者から上級者まで、幅広い方々からお便りをいただきました。ぜひ、保存版として指遣いを考える際の参考にしてください。
  • 基本ができていないため、柏木真樹さんの「ヴァイオリン習得術革命」を毎回興味深く読んでいます。(兵庫県・男性・ヴァイオリン20年)
  • 森元志乃さんの「ヴァイオリン基礎テクニック、リターンズ」を毎号楽しみにしています。デタシェをここまで細かく考えたことがなかったので「弾き比べてみよう!」がとても参考になりました。(東京都・女性・ヴァイオリン20年、ヴィオラ8年)
  • 私はヴァイオリンを弾いていますが、黒川正三さんの「エチュードの活用法」が参考になりました。年を取るとなかなか上達しないのが悩みです。しかし、興味を持ち続け、挑戦していきたいと思います。(東京・男性・ヴァイオリン10年)
  • 田原綾子さんの「すばらしいヴィオリストたち」は、内容と共に、田原さんの笑顔に癒やされます。(東京都・女性・ヴァイオリン18年)
  • 水野優也さんの「ブダペストでチェロを学ぶ」を毎号楽しみにしています。ハンガリーでのリサイタル、聴きたかったです!(東京都・女性・チェロ8年)
  • 「ないしょの手紙 カルテット留学inプラハ」、再開おめでとうございます! プラハからの楽しい記事、期待しています。(神奈川県・男性・ヴァイオリン21年、ヴィオラ10年)
  • 巻末楽譜の「ピクニック」が良かったです。楽しく演奏しました。(埼玉県・女性・ヴァイオリン8年)
  • NHK朝のテレビ小説「ちむどんどん」主題、「燦燦」の楽譜が載っていてうれしかったです。ソロバージョンも欲しいです。(東京都・男性・ヴァイオリン5年)
♪今号もたくさんのお便り、ありがとうございました。感想やリクエストなど、皆さまからのお便りお待ちしております。次号もお楽しみに!
プリンタ用画面
友達に伝える
カテゴリートップ
2022年
次
2022年6月号【vol.106】(2022年5月2日発行)

[ HOME ] [ NEWS ] [ Magazine ] [ VOICE ] [ LINK ] [ BLOG ]