メインメニュー
関連リンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失


弦楽器マガジンサラサーテのWEBです。最新号やバックナンバーの情報、音源や動画も掲載しています。編集部ブログも好評更新中!

最新号の表紙

増刊号

増刊号

増刊号

増刊号

弾けるシリーズ

訂正とお詫び
サラサーテ2021年6月号【vol.100】(2021年5月1日発行)発売しました!

【創刊100号記念号】
おかげさまで、『サラサーテ』は創刊100号を迎えることができました。
創刊は2003年5月。これもひとえに愛読者、関係者のみなさまのおかげです。ただただ感謝しかありません。

●創刊100号記念企画
堤剛特別インタビュー
《ツィゴイネルワイゼン》大谷康子誌上レッスン
読者全員プレゼント
堤剛(チェロ)の『サラサーテ』についての特別インタビューを行いました。
日本弦楽器界の誰もが認める重鎮であり、サントリーホール館長。霧島国際音楽祭音楽監督。学長を経て桐朋学園大学特命教授。日本藝術員会員。そして何より現役チェリストとして旺盛な活動を続けています。
2020年11月にはワレリー・ゲルギエフ指揮ウィーン・フィルとの初共演も果たしました。そんな堤剛は、うれしいことに弊誌を毎号必ず読んでくださっています。

さて、弊誌のタイトル、サラサーテ。言うまでもなく、ヴィルトオーゾヴァイオリニストで作曲家でもあったパブロ・サラサーテの名前を冠しています。
というわけで代表曲《ツィゴイネルワイゼン》の誌上レッスンを100号記念に行いました。講師は、今までに4,000回以上同曲を弾いたという大谷康子。巻末には楽譜も付いています。
そして、[読者全員プレゼント]があります。本誌オリジナルロゴデザインのトートバッグを作りました。本誌添付の読者ハガキで応募いただければ、もれなく全員に差し上げます(色・柄は届いてのお楽しみ!)。

●表紙&Artist Close-up 服部百音(ヴァイオリン)
今号は2017年2月号にこのコーナーに初登場した服部百音の再登場です。
17歳だった彼女も21歳になりました。この3月には桐朋学園大学音楽学部ソリスト・ディプロマコースを修了。コロナ禍という状況もあり、しばらくは日本に拠点を置いて、自分が勉強したいこと、掘り下げてみたいことに、じっくり取り組んでいくつもりといいます。
ソリストとして自立の道を歩んで行くといいます。三代続く作曲家の服部家の二代目、大好きだった祖父の服部克久を2020年6月に看取った彼女。その祖父は毎日のように夢に現れて「生きている時よりも身近い感じることがあります」と語ります。服部百音の今に迫ります。

●特集 アーティスト20人が選ぶ弦楽曲100
創刊100号を記念し、本誌になじみの深い日本の弦楽器奏者20名に「好きな弦楽曲5曲」を選んでもらいました。トップ奏者によるセレクト100です。
[選定アーティスト]池松宏/石川綾子/今井信子/海野幹雄/大谷康子/神尾真由子/川久保賜紀/木野雅之/篠崎史紀/堤剛/徳永二男/葉加瀬太郎/長谷川陽子/前橋汀子/三浦文彰/水谷川優子/宮田大/矢部達哉
・川本嘉子による特別誌上マスタークラスを若手ヴィオリスト・田原綾子で、シューマン:《詩人の恋》より〈美しい5月に〉(ヴィオラ版)。また渡辺玲子がJ・S・バッハ:無伴奏パルティータ第2番より《シャコンヌ》を語ります。

他、もりだくさんの内容です。
もちろん通常の抽選による「読者プレゼント」も特別企画でご提供しています。

★★『サラサーテ』100号、ぜひ、書店・楽器楽譜店でご覧ください★★
Amazonからもご予約・ご購入いただけます。

2021年2月号【vol.98】(2021年1月4日発行)巻末楽譜に関するお詫び



http://www.sequirey.com/


ギトリス本


「ヴァイオリン演奏のための脳神経と筋肉の使い方」


「サラサーテ」facebookページ


http://www.kreislermusic.com/
 

2005-2021 Sarasate, Sequirey S.A. All rights reserved.

[ HOME ] [ NEWS ] [ Magazine ] [ VOICE ] [ LINK ] [ BLOG ]