メインメニュー
関連リンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失


弦楽器マガジンサラサーテのWEBです。最新号やバックナンバーの情報、音源や動画も掲載しています。編集部ブログも好評更新中!

最新号の表紙

増刊号

増刊号

増刊号

増刊号

弾けるシリーズ

訂正とお詫び
サラサーテ2021年10月号【vol.102】(2021年9月2日発行)発売しました!

●表紙&Artist Close-up 篠崎史紀(ヴァイオリン)
 今号はNHK交響楽団の顔、人気コンサートマスターの"マロ"こと篠崎史紀の2回目の登場です。
 彼自身が招集し、リーダーを務めるマロオケ(Meister Art Romantiker Orchester)は首都圏では3回目となる公演を11月に行います。メインの曲目はモーツァルトの《レクイエム》。もちろん新型コロナの犠牲になった方々への追悼と、コロナ後の新しい世界の再生を祈念してのものとなります。
 彼ももう58歳。N響の定年も見据え、人生の集大成を考える年齢となりました。日本のクラシック音楽の教育の問題点、現在のNHK交響楽団の状況と、未来への展望。そして彼自身が元気なうちに是非やっておきたいことなど、いろいろ語ってくれました。

●特集 [保存版]弦カタログ2021
 2018年8月号以来の弦特集です。消耗品でありながらも弦楽器の音色・弾きやすさの根幹を成している、それが弦です。
 今回も各社の代表的な弦を一覧カタログとして紹介します。新日本フィルハーモニー交響楽団のメンバーには、プロ奏者としての弦に対するこだわりを聞きました。さらに弦楽器製作家の高倉匠が、ガット、スチール、シンセティックと弦の構造を解説。そしてバロックヴァイオリン演奏・研究の第一人者の寺神戸亮に「現代古楽器演奏で使われるガット弦」についてもご教授願いました。

●Brush up ! 無理なくできる基礎練習
 弦楽器を習得する上で欠かすことのできない基礎練習。でも、それを継続するのは簡単なことではありません。"集中力"をキーワードにそれぞれの事情に合わせた日々の基礎練習の仕方を探ってみます。

他にも盛りだくさんの内容です。詳細はコチラ

★★『サラサーテ』102号、ぜひ、書店・楽器楽譜店でお求めください★★
Amazonからもご予約・ご購入いただけます。

2021年2月号【vol.98】(2021年1月4日発行)巻末楽譜に関するお詫び



http://www.sequirey.com/


ギトリス本


「ヴァイオリン演奏のための脳神経と筋肉の使い方」


「サラサーテ」facebookページ


http://www.kreislermusic.com/
 

2005-2021 Sarasate, Sequirey S.A. All rights reserved.

[ HOME ] [ NEWS ] [ Magazine ] [ VOICE ] [ LINK ] [ BLOG ]