メインメニュー
関連リンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失


弦楽器マガジンサラサーテのWEBです。最新号やバックナンバーの情報、音源や動画も掲載しています。編集部ブログも好評更新中!
最新号の表紙
増刊号
増刊号
増刊号
弾けるシリーズ
サラサーテ2022年8月号【vol.107】(2022年7月1日発行)発売!

●表紙&Artist Close-up sources(ソーシズ)
今号はヴァイオリンとピアノによるインストゥルメンタルPOPSユニットsources(ソーシズ)です。
メンバーの加賀谷綾太郎(Violin)、日眸賛諭Violin)、野津永恒(Piano)が、桐朋学園大学在学中に結成。
作曲、編曲も自ら手がけ、激しい曲からバラードまで、幅広いタイプの楽曲を演奏。力強さと優しさで人々を魅了します。
かつて経験した路上ライヴで、人々を振りかえさせ、立ち止まって聴いてもらうに考えたという「魅せる」演奏は現在各地で行っているライヴにも活かされており、見た目にもクールなライヴが展開されています。
トークも絶妙。10年目を迎えた今年6月には6枚目、7枚目となるアルバム、『一刀両断』『つむぐ』を同時にリリース。結成からこれまでの音楽人生と、2枚のアルバムに込められた思いを聞きました。

●特集 指遣いのテクニック
弾きやすさのみならず、音色やフレーズ感、演奏表現を左右する弦楽器の「指遣い」。
指遣いの考え方、あらかじめ決めていくことの大切さなどの基本を踏まえつつ、曲に合った表現をするための指遣いについて取り上げます。
勅使河原真実「指遣いを考える」/長原幸太「音楽的フィンガリング・実践的フィンガリング 交響曲を例に」/遠藤香奈子「オーケストラの第2ヴァイオリンの指遣い フィンガリングの極意」/鈴木康浩「ヴィオラのフィンガリングの基礎」/桑田歩「チェロの新しい指遣い」/幣隆太朗「コントラバス《第九》で語るフィンガリングの基礎の基礎」

他にも盛りだくさんの内容です。詳細はコチラ

★★『サラサーテ』107号、ぜひ、書店・楽器楽譜店でお求めください★★
弊社ショッピングサイトAmazonからもご予約・ご購入いただけます。

2021年2月号【vol.98】(2021年1月4日発行)巻末楽譜に関するお詫び
http://www.sequirey.com/
チェロでバッハ!
『第18回ショパン国際ピアノコンクール』増刊号
ギトリス本
はじめの一冊シリーズ3ー弾ける!! ヴィオラ
チェリストのための基礎講座
「サラサーテ」facebookページ
 
[ HOME ] [ NEWS ] [ Magazine ] [ VOICE ] [ LINK ] [ BLOG ]