メインメニュー
関連リンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失


弦楽器マガジンサラサーテのWEBです。最新号やバックナンバーの情報、音源や動画も掲載しています。編集部ブログも好評更新中!

最新号の表紙

「ヴァイオリン演奏のための脳神経と筋肉の使い方」

弾けるシリーズ

編集長ブログ


訂正とお詫び
サラサーテ85号 2018/11/2(金)発売!

 今号の表紙&Artist Close-upを飾るのは、ヴィオラ奏者、原ハーゼルシュタイナー麻理子。
5歳からヴァイオリンを始め、桐朋女子高等学校音楽科在学中の16歳で日本フィルハーモニー交響楽団と共演し協奏曲デビューした。ヴィオラとの出会いは19歳。桐朋のヴァイオリン専攻は全員ヴィオラを弾かされるが、その役割や音色になぜか心魅かれた。
20歳で今井信子主宰の『ヴィオラスペース』に桐朋のオーケストラのヴィオラのトップで出演。今井にヴィオラを薦められ、翌年5月の同じ音楽祭のマスタークラスを受けた。その打ち上げで弟子入りし、10か月間、今井の付き人のように彼女について外国を飛び回った。その費用には、所有していたヴァイオリンと弓を売って充てた。
その後、ジュネーヴ音楽院に合格し、正式に今井の生徒となった。09年に卒業すると、イギリスのインターナショナル・ミュージシャンズ・セミナーでチェリストのスティーヴン・イッサーリスに3年間学ぶ。併行して2010年からはケルン音楽院で学び、アントワン・タメスティに師事した。この間にドイツで本格的に仕事をするようになり、ドイツ・カンマーフィルで弾き、日本を含む海外ツアーにまで参加した。
同フィルのウィーンでのプロジェクトで14年に出会ったのが現在の夫。彼は建築士で、聴衆のひとりだった。17年に結婚し、現在は一児の母。拠点は日本とウィーンで、義父が主宰する「チロル夏の音楽祭inエール」では16年から室内楽のプログラミングを行っている。
今は音楽より育児を優先しているが、師今井信子のように、ヴィオリスト人生を長い視点で捉えている。さまざまな経験が、奏でる音楽をより深いものにしてくれるに違いない。

●特集 ヴィオラストーリー/2016年8月以来のヴィオラ特集

●特集 Go ! Go ! ボウイング/ヴァイオリン演奏の本当の肝・右手の基礎を追求

他、充実記事が満載。11月2日(金)発行です!!

★★『サラサーテ』85号、ぜひ、書店・楽器楽譜店でご覧ください★★  Fujisanマガジン、またはAmazonからもご予約・ご購入できます。

プレゼント企画、内容の詳細はコチラからドウゾ!
『サラサーテ』の
facebookページが出来ました!
「サラサーテ」facebookページ

http://www.kreislermusic.com/

弦楽のためのアンサンブル曲集 好評発売中!
サラサーテおじさん
弦楽のためのアンサンブル曲集 好評発売中!
巻末楽譜に掲載した楽譜の中から、編成別に選りすぐりの楽譜集を作りました。パート譜が付いているので、演奏に便利です。
 
StringsFunHouse
  ヴァイオリンの可能性を追求する中西俊博がお送りするSTRINGS FUN HOUSE。紙面ではなかなか伝わらない、エフェクターの使い方や「宴会芸」の秘伝を動画でご覧いただけます。
大人のためのヴァイオリン講座 STEP2
サラサーテおじさん 初心者だけでなく、基本を改めて確認するにも役に立つ、と大好評の「大人のためのヴァイオリン講座」。ステップ2からは動画でもわかりやすく解説します。

2005-2016 Sarasate, Sequirey S.A. All rights reserved.

[ HOME ] [ NEWS ] [ Magazine ] [ VOICE ] [ LINK ] [ BLOG ]